慢性肩こりに効果的

慢性肩こりに効果的

デスクワークや姿勢の悪さによって、慢性的な肩こりに悩む人も多いでしょう。そんな人には磁気ネックレスの使用をおすすめします。磁気ネックレスには血流を改善し、肩こりを解消する力があるとされ人気を集めています。


なぜ肩こりになるの?原因は筋肉の血流低下
長時間のデスクワークをする人や、猫背など姿勢の悪い人には肩や首のコリが発生しやすいといわれています。肩こりは筋肉が疲労することによって起こりますが、筋の中に乳酸が増えて硬くなってくることが原因となります。

デスクワークが長い人や姿勢の悪い人では、カラダ全体的にバランスよく負荷がかかるのではなく、ある特定の筋肉に負担が集中してしまう状態になります。また、筋の疲労だけでなく筋肉における血行が悪くなることによっても肩こりが助長されます。

デスクワークや姿勢の悪さが原因となっている場合、すぐに習慣を変えることは難しく、肩こりが慢性的に経過することがしばしば見受けられます。


磁気ネックレスで改善できる!肩や首のこり

磁気ネックレスは肩こりに効果があると漠然と思っている人も多いようですが、実際に磁気の力で肩こりを改善する商品も販売されています。磁気ネックレスが肩こりを解消するメカニズムとしては、磁気が血行を改善するように働きかけると考えられています。血液の中にはヘモグロビンという成分が含まれており、その中ヘムと呼ばれる鉄があります。磁気がこの鉄成分に働きかけることによって、血行を改善するという仕組みになっています。

また、磁気ネックレスはスポーツ選手の中にも愛用している方が多くいます。筋の血行を改善して筋が硬くなることを防ぐことができるというメカニズムから、肩こりを治したい場合だけでなく、運動のパフォーマンスをアップさせたい人が愛用するというのも頷けます。

磁気ネックレスには、ファッションにも馴染むデザインの製品が多数あるため、気に入ったデザインやサイズのものを選びましょう。
磁気ネックレスの効果はどのくらい続くの?使用期限は?

磁気ネックレスには、基本的に使用期限はなく半永久的に使用することができます。特に磁気を発する金属については劣化しにくく、入浴時にそのままつけていても問題ありません。一般的な磁石も劣化せず、よほどでない限り買い替えが必要にならないことと同様に、磁気ネックレスの金属も長持ちすることが特徴です。しかし、金属ではなくネックレス本体を構成しているシリコンなどは繰り返しの使用とともに傷んでいくでしょう。シリコンは水につけても劣化しないため、こまめに洗うことでよって衛生面の問題はクリアできますが、長年使っていると古びてきます。使い方にもよりますが、丁寧に扱えば長持ちしやすいでしょう。

また、磁気ネックレスの効果が現れるまでの期間や程度も個人差が大きく一概には明言できません。肩こりの原因が血行の問題にあるのであれば磁気ネックレスによって改善が期待できますが、根本的に筋が疲労している場合には効果が小さい可能性があります。したがって、磁気ネックレスの効果自体は半永久的ですが、実際にどのような効果が出るかは個人によって異なると認識しておきましょう。
磁気ネックレスにはブレスレットやアンクレットタイプもある
肩こりの予防や改善のために磁気ネックレスを使ってみたいとお考えの方は、ネックレスタイプの他にもブレスレットとして販売されている製品もあります。磁気ネックレスはスポーティな男性向けのデザインが多いですが、シリコン部分の色がピンクや白など女性に人気のカラーもあります。他にも、シリコンを使わない金属だけのアクセサリーのようなデザインのおしゃれな磁気ネックレスが登場するなど、バリエーションに富むようになってきています。

一般的な磁気ネックレスはシリコン製で一部に金属を含んでいることが多いですが、シリコンであれば手洗い可能であるため、衛生的に使うことができるでしょう。
磁気ネックレスと組み合わせて行うと良い肩こりの改善方法は?
磁気ネックレスによって筋肉の血行がよくなり、筋が硬くなることを防げると先にお伝えしました。血行の悪さは肩こりが発生する要因の一つであり、磁気ネックレスでも改善が期待できますが、それとあわせて取り組んでみたい肩こり解消法についてご紹介します。

肩こりは長時間同じ姿勢でいることで筋が疲労することが根本的な原因となります。そのため、デスクワークが多い人は仕事の合間にストレッチをする、姿勢を変えてみるなどして、筋への負担が軽減されるように工夫してみましょう。猫背の人であれば、肩が丸まらないように開き、顎を引いた姿勢を日頃から意識することで、局所的に負担がかからないように心がけましょう。
磁気ネックレスは誰でも使っていいの?注意すべき人とは
磁気ネックレスは基本的に子供からお年寄りまで幅広い世代の人が使うことができます。肩こりを軽くしたい、スポーツのパフォーマンスを上げたい、ファッションとして身に付けたいなど使用目的は様々です。

肩こりを改善する目的で磁気ネックレスを使用する場合、妊娠中の方は使用を控える方がベターです。妊娠中はどうしても肩がこりやすくなり、何か良い方法はないかと考えているうちに磁気ネックレスにたどりつく人もいることでしょう。妊娠中は、特に妊娠初期の安定期に入る前までの段階では使用を控えるか、医師に相談してから使うようにしましょう。出産後も6週間程度はできるだけ刺激をしないように使用は控える方が良いでしょう。そのようなデリケートな時期を除けば、使用することは可能です。その他、心臓ペースメーカーなどをお使いの方や、体内に何らかの医療機器がある人は使用を控えるようにしましょう。一部には使用が適さない方もいますが、一般的に磁気ネックレスは多くの人に親しまれています。
まとめ
磁気ネックレスは、筋肉の血行に働きかけることによって首や肩のこりを軽減させる効果があるとされています。実際に肩こりを引き起こす根本的な原因である姿勢の悪さや、長時間同じ姿勢で作業する習慣を見直すとともに、磁気ネックレスを使うことで肩こりを軽くしましょう。